風俗広告・風俗求人広告・新聞・雑誌広告 案内サイト  風俗広告のことなら【AD SEARCH(アドサーチ)】

お問い合わせはこちら

新着・更新情報

【Google】モバイルファーストインデックスに向けて

2017/01/12

さて、Googleではモバイルでの検索結果を優先的にデスクトップへの検索結果に反映するようになると発表し、早3ヵ月近くが経過しておりますが、昨日2017年1月11日より本格的にモバイル検索結果からのアクセスを主としたランク付けが始動されたようです。現状で大きな変化は見受けられませんが、順位に変動があったwebサイトにおいては以下の点の確認を行うことをおすすめいたします。Google公式ブログにて紹介されている点は下記の5項目となります。

 

特に注意すべき点
  • レスポンシブデザイン動的な配信を行っているサイトで、主要なコンテンツやマークアップがモバイル版とデスクトップ版で同一である場合は、何も変更する必要はありません。
  • 主要なコンテンツやマークアップがモバイル版とデスクトップ版で異なるようなサイトの設定を行っている場合、いくつか変更を検討してみてください。
  • 構造化データ マークアップがデスクトップ版とモバイル版の両方で配信されるようにします。

    構造化データ マークアップの同一性を確認するには、構造化データ テストツールにデスクトップ版とモバイル版の両方の URL を入力し、出力結果を比較します。

    モバイルサイトへ構造化データを追加する際は、それぞれのドキュメント特有の情報に関係のないマークアップを大量に追加するのは控えます。
  • robots.txt テスターを使用してモバイル版のコンテンツに Googlebot がアクセス可能であることを確認します。
  • rel="canonical" リンク要素を変更する必要はありません。デスクトップとモバイルのそれぞれの検索ユーザーにとって適切な結果を表示するために、Google はそれらのリンク要素を引き続き使用します。
※Google公式ブログ「モバイル ファースト インデックスに向けて」

 

また、風俗業界において昨年はSSL化するサイトが非常に、セキュリティ面や、通信量の面においても導入すべき施策であり、今後は店舗様においても導入の検討をされることをおすすめいたします。
httpsサイトからhttpサイトへのリファラの受け渡しができないため、アナリティクスなどでの計測値が0ということもありえます。

 

 

 

 

 

噛み砕いて説明すると、SSL化したサイトからSSL非対応サイトへのアクセスはカウントされない(できない)ため、Goolge analyticsなどでSSL化したサイトからのアクセス計測がされません

 

 

 

 

 

さらに、あらゆるインタースティシャル広告が表示されるページにおいて検索順位を下げるとGoolgeは明言していますので、新たな広告枠やメッセージの表示方法に変更することを推奨いたします。

 

 

 

 

 

インタースティシャル広告とは、サイトを開いた際やリンクを踏んだ際に、画面いっぱいにポップアップを表示したり、「コンテンツを読む」「このページをスキップ」などのリンクが表示され、そのリンクをクリックしなければ目的のページには移動しないか、広告を表示して一定時間がたつと自動的に次のページに移動する仕組みで、Googleにより非推奨とされています

 

 

 

 

 

 

こちらの記事でご不明点がございましたら!メールもしくはお電話にて!

AD-SEARCHを見ま したと』おっしゃっていただけるとスムーズにお話が進みます。

0570-783-784

風俗 広告

記事一覧へ戻る